おにぎり本丸ちくわぶ本舗

今日のおいのり血反吐付き

2/6

ボンが読みたいだけ本を買えるようになるといいね

と言われたので、合うかどうかまだわからないけど

気になっていた本をとりあえず買ってきてみた!よ

私がこういうベストセラーに興味持つのは珍しい!

時代を感じる読書も楽しみたい!本は冒険がお手軽

スタオケのメモリアル様々めちゃめちゃ迷ってたが

今後グッズは書籍媒体に絞って買うことにしよかな

迷うときは サントラはいいけどキャラソンはまだ

その気になれない 予約限定カードは欲しいけど!

仕事は大変だけど たくさん働いてたくさん読もう

つか インスタにあげる長文をブログにすべきでは

よし!久しぶりに更新します!年越しぶりですね~

 

ということがあったので、

久しぶりに戻ってきました~

 

今日はすばる新人賞になってた

大田ステファニー歓人『みどりいせき』

人気作続編の宮島未奈『成瀬は信じた道をいく』

を買ってきたよ。

単行本なので、プチ散財だわね

なんとなく今日

本屋に行きたいと思っていて、

仕事帰りに地下街の本屋まず寄って

『みどりいせき』

を確認したけど、

ちらっと読んで、買うか迷って、

違う本も見ようってブックオフ行ったけど、

何かピンと来なくて、戻ってきて

ついでに新刊も買ってしまったという感じ。

青山美智子『木曜日にはココアを』

だっけ、これも読んでみたいんだけどなかった。

同著者の『お探し物は図書室まで』

はしばらく前に本のサブスクで届いたけど

途中までで売ったんだよね。

だけど今になって少し読んでみたくなった。

次は文庫版を買うと思う。

辻村深月『この夏の星を見る』

宇野碧『キッチン・セラピー』

伊与原新『宙わたる教室』

あたりも気になっている。

 

本に関する情報収集は日頃つねやっていて、

Twitter(X)の今日買った本タグにトピック、

インスタの紹介、ニュース

賞作品なんかも欠かさずチェックしてるけど

逆張りかなんだか、読みたくなかった。

だけど、この間のすばる新人賞のニュースで

大田さんの垢を見たとき、

あ、このひと!ってなんとなくピンときて

作品が本になったら買おうと思ってた。

でも実際作品を見るとしり込みしちゃって、

買わないかもしれなかったけど、

ちゃんと買ってきた。

 

文学とか、小説とか

楽しむため、考えるため、いろいろ

本を読むって難しいのかもしれない

見る限り、文体はすごく独特。

いや、この本に限らず、

どの本にも書く人の癖が出る。

その癖が得意かどうか、

それをどう感じ取れれば正解なのか

方法がわからない、

誰かの知らない世界に放り込まれて

歩くことはやっぱり難しい。

ただ、

誰かの言葉遣いをたどる

自分のための、なんてことない冒険

誰かに見せるためじゃない冒険

もしかしたら、伝えることもできるかもしれない

けど、私の人生で読む本は、

結局すべて私のためにあると思いながら、

特に得ようともせず、ただ歩くために

本を買う。本を読む。

 

最近は毎日、

E.ゴンブリッチ『美術の物語』

を読んでいるよ。

誰かが私に読み聞かせしてくれるように、

ひそひそと面白いことを話して、

んふふ、ぐらいなの。

ひどく内輪で、

でも自分の人生楽しいって思う。

 

おととい食べた、

からあげクン

明太マヨ、おいしかったな~。

今日食べた、

トマト辛麺も、チーズリゾットも

おいしかったな~。

 

誰かと関わろうとするとき、

その人が私に何をしたいのか考える。

あ、この人おごってくれるなとか、

何かくれるなとか思っちゃう。

そうやって誰かが連れ出してくれると

それを自分の目標を達成をするために

算用に入れるから、計算が狂う。

だから、なにかしたいことは、

自分で形にしようと思う。

お出かけしたいところがたくさんあって、

読みたい本や、集めたいグッズ、

観たい映画やアニメ、食べたいご飯、

いろいろあるけれど

自分でたくさん稼いで、

それで自分で作っていきたい。

自分が自分に叶えてあげたい。

それが一番確実だから。

私にあげたがるひともいるけれど、

たよりにしない。

ほしいものを言えと言われたら、

それであなたは何を求めるのと思う。

それがものをごちゃごちゃにしていくし、

自分がてきとうなものを選んでいたら

てきとうなもので部屋や人生が埋め尽くされてく。

自分のお金で買えるくらいがちょうどいい。

といいながら、

実家暮らしだから、本当は

携帯代とか、光熱費とか、ないんだけど

だから、自分の生活をすべて

自分で買っているわけではないけれど

自分の部屋にあるものくらいは

自分で管理しようと思うのでした、まる。

 

ね、

「みどりいせき」

って、

「みどり・いせき」

か、

「みどりい・せき」

か、

どっちなんだろうね。

 

先週までみていた生徒が

えらく百人一首にはまっていて、

そらんじてくれるので、

ボンとしては

万葉集をすすめ続けていたが、

そこでまた久しぶりに

角川ビギナーズクラシックの

万葉集を読んだわけ。

そしたらはじめの歌が

みぶくしもち ふくしもよ

のやつなんだけど、

これすごいおもろくない?

ノリツッコミの原点を感じますな。

賢いボケが

ほんとうを細切れにして伝えて、

いやいや聞きたいのはそこではない

とツッコミをいれていくような。

多分、からかわれてるな。雄略天皇

からかいに耐えきれなくなって、

俺のえらさ少しずつ出しちゃう。

だからつれなくというか、

さらに遊ばれて、ぷぅ。

技巧を凝るというよりか、

ひとの言葉という感じがする。

万葉集の魅力は感情を直接的に歌い上げるところ

みたいに聞くけれど、

ただ、歌のかたちをとりつつ、

シンプルに「ことば」だと思う。

うふふ。

 

卒業すること、

そして新しい場所に行くことで、

ひとに「ごめんなさい」

という数が増えた。

何かをすると、

それが誰かに嫌われる種のように思えて

うまくできないことがたくさん、

それが怖くて

ひとりでも「ごめんなさい」

と言う。

送ってもらってごめんなさい。

予定が崩れてごめんなさい。

会いに行けなくてごめんなさい。

プレゼント用意できなくてごめんなさい。

連日電車遅延で遅刻してごめんなさい。

免許証持ってこなくてごめんなさい。

色んなごめんなさい。

ひとに思うようなことができない。

私のこと好きでいてくれる人はいるけど、

好きじゃなくなるような面を見せてる。

じょうずにできないのが私。

誰かのやさしさで生きてるのが私。

たくさんのごめんなさい。

嫌いにならないでほしいから、

ごめんなさいって言うのかな。

まだ、誰かに頼ってる。

ひとに期待しないようにしないと、

って思ってるのに。

 

12/4

スタオケのイベントなかなか始まらんな~

告知見に行こかな

てX開いて つい2分前の投稿

スタオケ サ終

初めて 課金するほどに

プレイしている最中のゲーム

サ終まで見届けることに

なにも 今

出てくるような言葉はないけれど、

いろんな

好きになったひとの影響を

ずっと受け持っている私

野球

ゲーム

絵画

サッカー

今回は、

音楽のある季節のめぐり

配信ストーリーじゃ足りず

音楽にかかわる小説を読み

コーヒーを淹れてくれるから

コーヒーをすきになり

ひとやすみする時間

生きてる間の時間の楽しみ

苦しみ 流れること

教えてくれたけれど

そうしてすこし変わった私を

ずっと持ってる

あとになっても

コンサートに行くし、

クラシック音楽を知ろうとするし

そういうふうに続けていく

忘れないでいることが

私なのかな

それで

はちみつの茶髪で

やさしい青年を見つけたら

好きになるのかな?

現実のなかで

面影を見つけていくのかな

生きてるって難しい

けど

生きてて楽しいことは忘れてない

本って

大切に扱えば

買い切りでストーリー全部読めて

サ終もデータ破損もしなくて

素晴らしいなと思ったけど

そういえば私は

最終巻残して未完三銃士を抱えている身

そりゃあ面構えも違うわけで

だからかなしまないのかな

でも三銃士のことずっと待ってるもんね

短気のようで

長い時間をずっとかけることは

意外と

得意なのかもしれないね

11/3

親に仕事の愚痴を言って怒られた

私は弱者で

他人の助けがないと生きられない人間

ひとに優しくと思ってきた

弱きを守り育てるのが仕事

と思ってきた

それが

私がひとに関する愚痴を言えば

その人が弱者になり

私は自分の仕事を守れなくなる

この程度のロジックがわかってなかった

私は優しくはない

そして詰めが甘い

 

素質ある生徒を育てたいなんて

教師の驕り

 

ひとの愚痴を言わないひとが強いの?

ああでもな ここで

もし彼が 私の愚痴を言わないなら

愚痴というよりも 悪口だが

私は彼に負けたことになる

それは嫌だ

という方向性でしか

 

完璧ではない

完璧ではないことを盾にしている

それなら

完璧ではないひとを否定してはいけない

単純なこと

 

親は

お前はわかっているつもりでも

周りから見ればできていないことがあると言う

間違いなくできている自信はある

5W1Hを明らかにした報連相

できているか確認も容易い

実際できているけど

ひとを否定したらひとに否定され返される

自分は悪くないと思っている時に

親に否定されたから悔しいのか?

それはそれとして

総合的な目で見て否定できる立場ではない

ということだろうが

まあ親は私の言うことの99.9%は否定する

思い悩むほどでもない

 

思えば思うほど

言葉が厳しくとも

どのような見た目どのような性格の人とも

差別せず対応のできる親が

ほんとうにやさしい人だと感じ

私は思うほどの清廉潔白な主人公にはなれない

それでも戦っていくしかない

 

仕事先の上司が情報共有に失敗している

それは間違いないこと

先方に頼まれたシフトが反映されておらず

確認のために他の部署に裏で手数をかけ

当日ギリギリになってなくなったと連絡

「確認」「可能性があった」で逃げたこと

その確認のために再度手間を取ったこと

それは相手の失態

私が失態を犯したなら叱れる立場がある

私の失態は

先方を叱れる勇気もないのに悪口を言ったこと

普段のマンスプレイニングに鬱憤溜まったとしても

言わない選択ができた

それでおしまい

 

小学校の校訓で言うなら

強く 正しく 美しく

GO!プリンセスプリキュアで言うなら

強く やさしく 美しく

 

困ったら

穂村弘『絶叫委員会』をともに

 

バーネット『秘密の花園』に

メイドのマーサの母ちゃんが言うてた

「ひとのことえらい悪く言うてるけど

自分は自分のこと好きなんか?」

的な言葉があった

 

何か困ったことがあるときに

どこかしらで訓戒が見つかるのは

いいことだな

 

今日もラジオ深夜便を流しながら

寝る前の時間を過ごす

明日は長時間勤務だから無理しない

 

今日は絵を描いた

観福宮()70]-[!|v|£

旅人アイザックの胡蝶

 

今日は11時過ぎに起きて

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』

ハウルの動く城

を観てから2時間バイトをした

自本丸の男士とひみつ道具で遊ぶ話を書きたい

 

一昨日くらいから

松本侑子訳の『赤毛のアン』を読み進めている

今日はアンが初めて祈る日だった

私もお祈りを捧げる

「世界の約束」

 

昨日の夜だったか

ハウルを観ようと思いながら

深夜便をつけたら

ほんとうにその時そのタイミングで

人生のメリーゴーランドが流れた

九大祭に今年は行きたいと思っていたら

友達から誘いが来た

そのようなタイミングの巡り合わせが

たくさん重なっているから

塞き止めるような悪いことをせず

できるだけにこやかに

穏やかにいるよう努力する

 

人生のメリーゴーランドには2種類あって

映画の初めと終わりで違う

初めの

『人生のメリーゴーランド-オープニング』

は、聴くとジブリだな、という感じがする

ラピュタナウシカと同じ音の作りを感じさせる

何とは言わないが、なイントロ

そしてほとんどのアレンジの元になっているのは

最後の

『世界の約束~人生のメリーゴーランド』

ハウルは最終的にソフィーの元を去るけど

恋をしましょ 生きる証

くそくらえだけど やんなきゃならない

ハウルのグラスで毎日水を飲もう

ここで生きている 待っている

 

RADWIMPS『すずめ』

 

2023.9.19『すずめの戸締まり』鑑賞日記より

映画館で観たかったよ~!!!!!
次の新海誠は現地 もう現地よ

おはようと行ってきます
ただいまのない場所
公開当初にアラートかかってた意味がわかった
ていねいに暮らすってこととか
生きてるの反対を知る
ひとと当たり前に一緒にいたこと

えーーーブックカバー買っちゃおっかな
これまで『言の葉の庭』を気にかけてたけど
雨のノルマも達成してて
新海誠作品のなかで一番私の腑に落ちた
勉強しよ(いつもの)

 

 

11/2

『マイ・エレメント』の未公開シーンを観て

もしかして洗濯船さん

ピクサーに就職したのか?

だから多忙でこいドキ更新ないのか?

 

日々をゲームする

そこに目的があり、時間があり

それを工夫して

自分のここちよい道のりを作る

 

今朝は遅おきだった

紅茶でおにぎりを流し込みつつ

今から顔を洗い

日焼け止めを塗って

日向ぼっこしながら本を読み

学校に行く

 

授業が終わったら

博多駅の乗り換えついでに

紀伊国屋に寄って面白い本を探す

帰りは直帰してお風呂

21時に食事まで終わればいい

2230にギルバトが終わって

23時には寝る体勢でいよう

 

昨日は心が焦ったので

地下街に寄り道をして少し落ち着かせ

でも帰ってからまた忙しなく

時間があるはずなのに動きがバタついて

結局落ち着かないままに

寝るのが三時を過ぎたので

考え事をする時間を

0時までに取れるように設計する

明日は今のところ予定がない

本をゆっくり読めるかもしれない

 

読書週間は続いている

美術に関する本や

落ち着く文体の小説を読もうとしている

持ち歩くのはできるだけ文庫本で

家に帰ったとき

『美術の物語』などと対面して

学ぶ学生でありたい

そんな時間を確保したい

休める時間を能動的に作って

休める時間とは

ゆったりした歌謡を有線のように聴いて

本が読めるか何もしないでいいかの時間

昨日のALFEEのラジオもよかった

洗顔のテーマはメリーアンにしようか

 

せかせか動くのはいつの間にか

でもゆっくり動くのは

相当気を付けてないと崩れる

30回ずつよく噛もう

 

 

11/1

やったこと

時間をかけて説明した

自分には説明する熱量がある

時間オーバーした

わかったこと

熱量の使い方を工夫したい

次やること

説明しながらメモを書く

 

やったこと

時間を決めて勉強した

わかったこと

短い勉強時間を積み重ねることができる

本を読むのに急いでいる

次やること

一日に30分単位で勉強もしくは読書時間を作る

落ち着いてノートや机に向かう

 

やったこと

元気の出るテンポのいい曲を聞いた

わかったこと

元気が出る=アイデアが出る

=気がはやって慌てる

次やること

ユーミンなどゆったりして栄養価が高い曲は

リラックスするための時間作りにも有効

音楽を常に聞いているけど、

その内容を時と場合で分けるようにする

慌てた後は、自分のための時間を取る

ゆったり考えるために、あえて歩いて

遅くなるのも有効(余裕あるときのみ)

 

10秒アクション

本を開く

縮小

1見開き読む

 

読了

柚木麻子『本屋さんのダイアナ

宇野常廣『ひとりあそびの教科書』

買ってきた

サガン『悲しみよ こんにちは』

読み始めた

川上弘美センセイの鞄

読みたい

ゴンブリッチ『美術の物語』

高階秀爾『カラー版名画を見る眼Ⅱ』

恩田陸蜜蜂と遠雷

 

 

 

どうしてもつらい日のきみへ

こんなに毎晩泣き続けているのに

毎日、勉強をしようだとか、

好きなことをしよう、休もうって

目的を持って過ごそうとするし

バイトにも学校にも休まず通って

努力すること、好きなことを見つけて

他人を愛して

外にも、楽しいことを伝え続けて

きみの気持ちの置き場所がなくなって

いつもどこかに悲しい気持ちを持って

それでも、自分に降ってくる幸せを知って

祝福だって感謝を祈ろうとして

明日のこともわからないけれど

毎日を欠かすことなく生きている

 

ひとを愛せなくなったとき

愛しかたがわからないとき

そしてひとりになったとき

きみは死にたいって思う

どこにも行けなくなったきみは

立ち直るまで苦しんで

しばらくして、用事を思い出して

起き上がって、何をするか決めて

元気にならなくても、動き始める

 

家族に対する愛さえも

何年もかかって探し出したきみは

いつかひとりになるのが怖くて

大人になる日が来ないことを願ってる

父も、母も、祖父母も

いなくなってしまう

たった一日、一年を越すことも

それが失われることを恐れてしまう

さみしがりやのきみは

父親の形見をさぐりあて

母親のメモを箱に残し

祖父母の頭を撫で

今日が過ぎていくことに耐えている

 

読みたい物語ができた

作りたい料理ができた

日々新しくなる興味は

未来への希望を示すけれど

その先で

孤独になる時がくるまでの

心の準備を始めている

支えになるものを寄り集めて

強くなればなるほど

ひとと離れるときを知り

ひとと一緒にいたければいたいほど

ひとを信じられなくなり

ひとが去っていく辛さを味わい

 

この文を読んでいるきみは

きみと一緒にいてあげられるのかい

助けてあげられるのかい

 

ここできみを待っている

どうしてもつらい日に

一緒にいることを忘れないように

夢を見よう

 

恋も、何も

くそくらえだ

心の筋肉で勝ちに行こうぜ

姿勢良く座り続けて

ここで待つ

 

 

 

 

 

10/29

筋トレが継続40日を迎えて、

それでついた体力か、

実行力のおかげで自信がついて、

自分のちからでなんとかするって

彼氏はいなくて

それでもいいと思って

でも、心のそこには

江國香織の「デューク」のような

運命を見つけたいと思っていて

 

本を買いながら、

「逃げるように隠れるように

乗り込んできたコックピットには

泣き虫な君はもういない

いつの間にかこんなに強く」

泣くような場面でないのに

ぐっと喉が詰まって目が潤む

ふと外を見上げる、

そんな時が増えた

 

大手を振って、腕を広げて

歩ける場所でしか生きられない

好きな曲を聴いているとき

手を広げて、片足を軸に

重力を無視して、傾いで、

ジャイロのようにくるくる回りたくなる

 

本を選ぶとき、

今の私は、本に熱中できていて

ゼミの発表が一旦終わったから、

そのフィーバーかも知れない

本を読むことに意識が集中していて

それで、生きていてよかったなと

幸せを感じている

幸せを感じているけど、泣く

 

「デューク」を思い出すと、

救いを求めるように

集英社文庫のアンソロジー

『短編伝説 めぐりあい』

のことも、思い出す

 

めぐりあいは、本当にあるのだろうか

この先に不安はないけれど、

それは、理由のない自信のおかげだけど

それから、私には

長い期間を考えることができず

毎日毎日、何かをしていて

結果的に積み重なるものもある

ということしかないから

目的を必ず叶えるというのは、

縁の巡り合わせでしかない

 

ひとりでできるもん、の範疇で

自分一人で県外に出てみようと思った

『47都道府県ニッポン学び旅200』

から、行きたい場所を考えること

それから、今既に希望にあるところ

千葉県のホキ美術館

そういったところを上げて

自分で計画を立てて、予約を取って

自力で外に出てみようと思った

寄席を聴きに行くこと

映画を観に行くこと

 

発表準備をするとき、

朝起きて、机に向かって

卓上メモに、その日どうするか

数字で書くといいらしい

それで、18:00まで課題をやる

とか書いてみて

散歩に行くとかでもいいんだけど

明確な行動目標を書いて

それを実行することをした

目的を達成する

その練習をしている

 

腕を広げた先にあるのは

息を肚の底まで吸い込めること

それから

ひとを抱きしめること

そのために生まれたんだなと思う

運命のめぐり合わせ

積んだ行動の先

クリスマスツリーのてっぺんの

星のように置いてあるのか

それまでに、愛しかたを見つけなきゃね

 

まるで、この先の人生に必要な

栄養をこの一ヶ月のうちに

全て摂らなければいけないかのような

幸福で、お腹はふくふくしているけど

本をまるごと食い尽くそうとしている

死にはしないはずだけど

寿命前日のように、気がはやっている

落ち着いているはずなのに

それとも、体調を整えることができて

活力に溢れている状態に

自分が慣れてなくて、振り回されているのか

恋はいつかな

 

ちなみに、今

肌の調子がめちゃくちゃいいので

会えた人は、触ってください

 

祝福を君に